新しい東北

「新しい東北」
官民連携推進協議会 東日本大震災からの復興に向けた
新たな挑戦を紹介・応援するポータルサイト

  • 会員の方へ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
TOP特集記事 >東北の「新たな挑戦」

特集記事

東北の「新たな挑戦」

東北で進みつつある「新たな挑戦」を特集記事で紹介しています。


特集(復興ビジネスコンテスト2015)

気仙沼の幸を振舞う『ゑびす振舞い』プロジェクト気仙沼の幸を振舞う『ゑびす振舞い』プロジェクト

気仙沼の幸を振舞う『ゑびす振舞い』プロジェクト~株式会社フカコラ美人の取組~(平成28年3月31日)

気仙沼はサメの水揚げ量は日本全国の95%を占め、気仙沼市は昔から良質なサメ、そしてフカヒレの取れる街として有名です。そんなきれいの素である良質なコラーゲンがとれる街に女性の視点から注目した『ゑびす振舞い』プロジェクトを始めた株式会社フカコラ美人の取組を紹介します。

詳細はこちら

特集(復興ビジネスコンテスト2015)

ベンチャー企業の研究開発~株式会社バンザイファクトリーの取組~ベンチャー企業の研究開発~株式会社バンザイファクトリーの取組~

ベンチャー企業の研究開発~株式会社バンザイファクトリーの取組~(平成28年3月31日)

断面が星型のパスタ、自分の手にあわせたオーダーメイドのコップ、「砂糖・塩・醤油」を使わない甘露煮など様々な商品を生み出してきた、陸前高田発の夢を与えるベンチャー企業「バンザイファクトリー」の取組を紹介します。

詳細はこちら

東北復興新聞
張子の制作風景

古き良き伝統の継承と新しい未来への挑戦(平成27年8月18日)

福島県郡山市西田長にある高柴デコ屋敷は、4軒の人形作りの工房から成る伝統ある集落です。「デコ」とは「人形」の事。ここでは遠く戦国の時代から、和紙を使った張子の人形(デコ)を制作しています。4軒のデコ屋敷の職人さんの名字は、全て「橋本」。それぞれのデコ屋敷の下には屋号がついています。

詳細はこちら

東北復興新聞
プレイリーダーが素材を提供すると、子どもたちは自由にそれぞれ遊び出す

町中を子どもたちが大暴れ。"遊び"がつなぐ地域の絆(平成27年8月14日)

被災地を単に元の状態に復旧するのではなく、復興を契機に人口減少・高齢化・産業の空洞化などの課題を解決し、他地域のモデルとなることを目指す復興庁の「新しい東北」事業。その先導モデル事例をご紹介します。

詳細はこちら

東北復興新聞
左から島田さん、亀山さん、魚谷さん

自分たちが持っている技術を集結して、浜の活性化を目指す(平成27年8月11日)

震災以降立ち上がった東北の団体のリーダーの元に、若手経営人材「右腕」を3年間で約200人派遣してきた「右腕派遣プログラム」。東北で活躍する「右腕」とリーダーのインタビューを紹介します。

詳細はこちら

東北復興新聞
左から島田さん、亀山さん、魚谷さん

今できること、プラス少しの仕事で地元の職員が働きやすい環境を作りたい(平成27年8月6日)

「WORK FOR 東北」は、被災地の自治体等への民間企業による社員派遣、個人による就業を支援し、人材の面から復興を後押しするプロジェクトです。復興の現場に社員を派遣している企業、および、赴任した方々のインタビューを紹介します。

詳細はこちら

東北復興新聞
「カッキー'S」の立ち上げに貢献した尾無(おなし)徹さん

健康で笑顔あふれる、岩手県山田町に(平成27年8月4日)

岩手県立大学卒業生で山田町保健師の尾無徹さんと同大学看護学部生による有志のボランティア団体「カッキー'S」。震災直後の2011年11月から、月に一度山田町の仮設住宅を訪問し、主に仮設住宅の住民への支援活動を行っています。

詳細はこちら

東北復興新聞
司会・進行を務める矢野さん(中央)と、撮影する河谷さん(右)。試合が終了するたびに、矢野さんはコメントを添えてアナウンスする。

バスケと植樹で全国から人が集まる「大槌町」を(平成27年7月31日)

岩手県上閉伊郡大槌町で初夏に開催されているバスケットボール大会「桜木杯」。この大会は、「大槌町を、全国から人が集まるまちに」をスローガンに始まった「花道プロジェクト」の一環だ。今年4回目となる桜木杯に向かい、このプロジェクトの目指すところを聞いた。

詳細はこちら

東北復興新聞
課題解決ワークショップで話し合った内容をチームごとに発表。SAVE TAKATA代表理事の佐々木さん(右から4番目)とアイデアについて直接意見交換した

人を起点にビジネスを考える東北での企業研修(平成27年7月15日)

株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、以下「パソナグループ」)は、「パソナグループ2015年度東北役員研修」を6月27日から2日間の日程で岩手県沿岸地域で行った。

詳細はこちら

東北復興新聞
宮城県石巻市で、子どもたちの居場所・遊び場づくりをおこなっているNPO法人にじいろクレヨン。前編に引き続き、一緒に活動する2人の若手スタッフと、事務局長の柴田礼華さんにお話を聴きました。

毎日が成長のチャンス。新しいうねりを作るのが楽しい(平成27年7月14日)

震災以降立ち上がった東北の団体のリーダーの元に、若手経営人材「右腕」を3年間で約200人派遣してきた「右腕派遣プログラム」。東北で活躍する「右腕」とリーダーのインタビューを紹介します。

詳細はこちら

東北復興新聞
「TOMOrrow Project」としてラジオにも出演した

"東北"という仲間 -岩手の高校生が作る高校生のための情報紙-(平成27年7月12日)

2015年3月末、東京で行われた「全国高校生マイプロジェクトアワード2014」に出場していた岩手県立福岡高校3年の大谷史也さんは東北の仲間との約半年ぶりの再会に嬉しさを隠せずにいた。「この仲間たちとなら社会変えられるんじゃないかって、そう思ったんです」。

詳細はこちら

東北復興新聞
植樹活動は継続的に行っている。写真は2015年6月の植樹風景

【資生堂】「利益を生む社会貢献」で長期支援(平成27年7月11日)

株式会社資生堂が復興支援の一環として発売した「椿の夢 資生堂 リラクシングナイトミスト」がビジネスとしても成功を収めている。「売上げの一部を街づくりに活用する」としたフレグランス「椿の夢」は初回販売数5,000本が予想を上回る早さで完売した。

詳細はこちら

東北復興新聞
新入社員と高校生の年齢差は「きょうだい」といってもいい程度。それでも、猛スピードで進化するITに関しては、歴然とした「世代の差」があることが発見できたのも、グループディスカッションの成果だ。

新入社員研修@福島。日本HPがつかんだ確かな手応え(平成27年7月9日)

日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は2015年5月、新入社員を対象に3日間の体験型社会貢献研修を行った。計93名の新入社員は、まず全員で東京・江東区にある本社周辺の清掃活動を行った後、3グループに分かれて各地で体験型の社会貢献プログラムに参加した。

詳細はこちら

東北復興新聞
左から、モデレーターの一般社団法人RFC復興支援チーム代表理事の藤沢烈氏、復興大臣政務官の小泉進次郎氏、一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事の木下斉氏、CRA合同会社代表社員の岡崎正信氏、女川町長の須田善明氏

稼ぐまちづくりのための「女川町 次の一手!」(平成27年7月7日)

6月14日、宮城県女川町に水産体験施設「あがいんステーション」がオープンした。津波で流された旧JR女川駅舎を再現した施設内では、地元名産品の購入や水産物の加工体験などが可能。3月の駅舎開通に引き続き、新しいまちづくりが始まっている女川の新しい拠点になると期待されている。

詳細はこちら

東北復興新聞
石巻市6次産業化・地産地消推進センターの職員のみなさん

[宮城県石巻市]市の6次産業化。民間と行政の多様なチームが「よろず相談」で取り組む支援(平成27年6月17日)

農林漁業者などの1次産業者が、2次産業である加工や、3次産業の流通、販売までを一手に行う「6次産業化」へ向けた動きが、全国的に高まっている。石巻市では、その支援のための窓口として石巻市6次産業化・地産地消推進センターを2014年8月に開設。事業は、株式会社東北農都共生総合研究所が市からの委託を受けて運営し、2016年度までの3カ年計画で進めている。2年目に入った今年、新たに見えてきた課題をふまえつつ、6次産業化をきっかけにさらに石巻市の産業を総合的に支援する取組みが始まっている。

詳細はこちら

東北復興新聞
釜石創生アカデミーの風景

「地方創生」とは"縦軸"を問うプロセスであり、自治そのもの[まちづくり釜石流](平成27年6月11日)

先日、第1回・釜石創生アカデミーを開催しました。約60名の市職員・市民の皆さんと講師役の大嶋啓介さん(居酒屋てっぺん代表)をお迎えし、「公開朝礼」や「本気のじゃんけん」が個人・組織に与える影響を学びつつ、釜石の未来をつくるエネルギーを共有しました。

詳細はこちら

東北復興新聞
国土交通省出身の角田副市長。2012年4月より大船渡市副市長として市政を牽引している

市街地復活なるか 大船渡市が挑むエリアマネジメント(平成27年6月10日)

津波被害を受けた東北沿岸部の各都市で、市街地を刷新するまちづくりが本格的に動き出している。岩手県の大船渡市では、更地となったJR駅前の広大な土地にショッピングセンターや飲食店などが立ち並ぶ大規模商業ゾーンが誕生する予定だ。市の復活をかけた一大プロジェクトはどのようなプロセスで進んでいるのか。大船渡流のまちづくりの現状を取材した。

詳細はこちら

東北復興新聞
地方路線バスの活性化に力を尽くす武藤泰典社長

地方公共交通の課題に挑む[笑顔の架け橋Rainbowプロジェクト](平成27年5月26日)

地方公共交通の利用客数の減少は、今や全国的な問題となってきています。「地方公共交通の活性化における民間会社の役割は、大きなテーマです。全国の地方バス会社は、(きっと)みな同じ問題を抱えていると思います。」と話すのは、福島交通株式会社の武藤泰典社長。

詳細はこちら

東北復興新聞

地域で事業活動を行う企業として経営資源を活かして地元に貢献する[日本財団 WORK FOR 東北](平成27年5月19日)

「WORK FOR 東北」は、被災地の自治体等への民間企業による社員派遣、個人による就業を支援し、人材の面から復興を後押しするプロジェクトです。復興の現場に社員を派遣している企業、および、赴任した方々のインタビューを紹介します。

詳細はこちら

東北復興新聞

[宮城県亘理町荒浜地区]新設商店街ににぎわいを生み出す商店主たちの底力(平成27年4月29日)

東北の各地で津波被害にあったまちの中心市街地計画が実現に向けて動き出している。その中には、商店街を核とするものも多い。そんな中、2015年3月15日、宮城県亘理町に、新たな商店街が誕生した。他地域に比べても早く新設された商店街で、住民の集いの場となっている名物店舗を営む夫婦に話を聞いた。

詳細はこちら

東北復興新聞

[福島県浪江町]安全安心のその先へ。 「もうかる農業」をめざす再生の青写真(平成27年4月24日)

福島県の農業は、農業従事者の減少や風評被害など、さまざまな課題を抱えながらも、再生に向けた取り組みが各地で進められている。とくに日本人の主食であるコメについては、その安全性に対して消費者の関心が高い。県では、田植え前の段階で除染や放射性物質吸収抑制対策を実施し、収穫後はすべての県内産米を検査し、放射性セシウムが基準値(1kgあたり100ベクレル)を超えるコメを流通させない「全量全袋検査」に取り組んできた。

詳細はこちら

東北復興新聞

小さくても実績を– 高校生が伝えるふくしま食べる通信 –[3.11がくれた夢〜東北を変える高校生たちのアクション~](平成27年4月19日)

「東北食べる通信」という情報誌がある。僕たちは毎日口にする「食べもの」の作り手の顔をほとんど知らない。誰が、どんな想いで、どのように野菜を作ったり、魚をとったりしているのか僕たちは知らない。というか、知ることが出来ない。スーパーに行けば当たり前のように食べ物が並び、それを「値段」や「形」で選んで、持ち帰り調理する。作り手を知らない僕たちにとって生産者の「想い」や「こだわり」は食品をえらぶ基準にはなかなかなり得ない。

詳細はこちら

東北復興新聞

パソナ、東北での企業研修ツーリズム事業を開始 ー 双方向に学びあう、人材育成の新たなモデルを(平成27年4月16日)

株式会社パソナグループは、被災地域での「研修ツーリズム」を通して人材開発と事業開発支援を行う新会社『株式会社パソナ東北創生(以下、パソナ東北創生)』を4月1日に岩手県釜石市に設立した。

詳細はこちら

東北復興新聞

[岩手県釜石市]Iターン就職組が合同研修で仲間づくり。人材確保と定着をリクルートが支援(平成27年4月8日)

岩手県釜石市で3月28日、市内の民間企業各社に今春就職する新入社員を対象とした合同研修会が開かれた。

詳細はこちら

東北復興新聞

[福島県田村市] 春から12名体制へ。ヨソモノ・ワカモノ復興部隊の奮闘(平成27年4月4日)

福島県田村市の東部に位置する都路(みやこじ)地区は、原発事故で大きな被害を受けた浜通りの自治体と隣接し、2014年4月にようやく全域避難指示が解除され1年が経過した(2013年8月に帰還準備のための長期宿泊は開始されている)。

詳細はこちら

東北復興新聞

<東北オープンアカデミー現地レポート>フィッシャーマンに会う旅。きっかけの先にあるものとは(平成27年3月31日)

「何かしたいけど、どんなふうに関わっていいかわからない。」震災から4年が経過し地域や人により復興の進みは多様化する中、東北の外からはこうした声を多く聞くようになった。

詳細はこちら

東北復興新聞

岩手県大槌町×リクルートキャリア 官民協働で挑む「人づくり」(平成27年3月2日)

2月15日、岩手県大槌町を28人の女子大学生が訪れた。彼女らは、大槌町の地域産業振興調査事業の一環である「地域活性インターシップ」に参加した東京の実践女子大学の2、3年生。

詳細はこちら

東北復興新聞

郡山市×三菱商事 果樹農業再生へ、10億円投じ醸造所建設(平成27年2月27日)

郡山市と三菱商事・財団は2月20日に都内で記者会見を開き、プロジェクトの概要を発表した。

詳細はこちら

東北復興新聞

【宮城県南三陸町】 生産現場と消費者がつながる、 新しい林業のかたち(平成27年2月6日)

地域資源を活用して産業振興を。東北のみならず全国の地域が、地方創生のかけ声のもとでその具体策に取り組んでいる。

詳細はこちら

東北復興新聞

東北で1000人規模の"社会実験"を。東北オープンアカデミー始動・今夏には日経新聞とコラボで地方創生人材の育成も(平成27年2月3日)

復興から、地域創生へ。2月2日、日経Bizアカデミーはそんなかけ声が聞こえてきそうなイベントを開催した。

詳細はこちら

東北復興新聞

被災地での社員研修 企業人が現場を訪れる意義とは(平成26年12月3日)

震災直後、多くの企業人がボランティアという形で東北を訪れた。ヘドロやガレキの撤去など多くの人手が必要となる作業において企業ボランティアは大きく貢献し、早期の復旧を後押しした。

詳細はこちら

東北復興新聞

「東北食べる通信」が新しい旅のかたちを提案 生産者を訪れ、第二のふるさとを探す旅(平成26年11月16日)

震災後に東北から生まれ、いま全国に広がりを見せているサービスがある。2013年7月に開始した「東北食べる通信」は、毎月1回、東北の食の生産者を特集した情報誌を発行し、その生産者のつくる食べ物とともに定期購読者に届ける「食べもの付きの雑誌」だ。

詳細はこちら

東北復興新聞

企業による復興支援のこれからvol.8【東北未来創造イニシアティブ】(平成26年10月8日)

東北大学や東北ニュービジネス協議会が中心となり2012年に立ち上げられた東北未来創造イニシアティブ。特別協力を行う経済同友会の会員企業からは、今までに20名を超える社員が東北へ派遣され、現地リーダー育成事業や釜石、大船渡、気仙沼3市における復興計画の具現化サポートを行ってきた。

詳細はこちら

東北復興新聞

効果の出るヨソモノ活用の仕組みとマネジメントとは?(平成26年9月23日)

震災復興に加え、旧来の人口減少問題や高齢社会対応、地域産業振興など、抱える課題が複雑化する東北各地の自治体では、「新たな社会づくり」を支える人材が不足している。こうした中、他地域から外部人材を登用し復興に活かす事例が生まれ始めている。

詳細はこちら

東北復興新聞

東の食の実行会議「民間のスピード感で実行」(平成26年9月2日)

復興庁「新しい東北」先導モデル事業の1つ、東の食の実行会議が大きく動き出した。7月18日、19日に開催された「東の食の実行会議2014」(レポート1、2)から約1か月半。東北の食産業の復興に携わる企業

詳細はこちら

  • 分科会分科会
  • 特集記事特集記事
  • 復興ビジネスコンテスト復興ビジネスコンテスト
  • 「新しい東北」共創イベントを通じた情報発信ソリューション構築事業「新しい東北」共創イベントを通じた情報発信ソリューション構築事業
  • 専門家派遣集中支援事業専門家派遣集中支援事業
  • 分野別ポータル分野別ポータル
  • 「新しい東北」復興・創生顕彰「新しい東北」復興・創生顕彰

お問い合わせ

「新しい東北」官民連携推進協議会事務局担当 みずほ総合研究所株式会社
担当:山口・塚越・重田
Mail:nt-info@mizuho-ri.co.jp
Tel :03-3591-8773(受付時間:9時30分~17時30分 土日祝除く)

復興庁

「新しい東北」官民連携推進協議会事務局担当 みずほ総合研究所株式会社
担当:山口・塚越・重田
Mail:nt-info@mizuho-ri.co.jp
Tel :03-3591-8773(受付時間:9時30分~17時30分 土日祝除く)

復興庁
SNSでシェアする

このページをシェアする

©2015「新しい東北」官民連携推進協議会. AllRightReserved.